ひばり幼稚園
      
ひばり幼稚園についてご案内します
ひばり幼稚園の一日
  |幼稚園とは| 
  幼稚園とは、学校教育法に基づく学校で文部科学省に所管し、義務教育及びその後の 教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適切な 環境を与えて、心身の発達を助長することを目的とし、3歳児から1~3年の教育期間で 一日4時間、年間39週以上の教育を行います。  
幼稚園教育の主幹は文部科学省の五領域に基づき、年齢別に年間計画から日案まで計画し 各年齢別にカリキュラムに沿って保育に当たります。
|ひばり幼稚園では|
保育登園日は、日曜・土曜・祭日・開園記念日・園長が定める日以外は登園日と成ります。
登園日の一日は、9時から13時30分まで、月2回ほど水曜日を行事引き当ての為、午前 保育とすることが有ります。  
教職員は、子供たちが安全の中で楽しい一日を過ごせるように、始業前に出勤しクラス担当は 教室等の清掃、その他の職員は共用部の安全点検清掃を行います。
8時から園庭の清掃・遊具の安全点検等を済ませ、その後各方面に園児を迎えに出ます。 9時には全園児が玄関にて英語で園長と挨拶を交わし、各教室に入り保育開始となります。
一日の流れは、朝の挨拶から始まり・戸外遊び、各クラス違いますが歌を歌い、カリキュラムに沿って保育を進めます。
天候の良い日には園庭遊び・園外保育等行い、体育は男性教師による指導、(近くダンスも導入) 英語は英語講師が遊びを通して楽しく教えています。
教諭は保育中、話が良く聞ける態度、興味関心をもたせ、想像力・好奇心・表現力を 高揚すべき、普段より研鑽し子供たちに理解されるよう努力しています。
昼食は米食・パン食半々で、月一回お母さん手作り弁当の日を設けてあります。 このような事が一日の課内保育の内容です。
|降園後送り届け|
 13時30分に降園、家の近くまでお送り致します。 送迎から帰ると直ちに各担当が、保育室・トイレ・廊下階段・窓ガラス等を清掃し、休憩時間を利用して、事務の手続等して一日の出来事について園長に報告し、問題が有れば全員の問題として共有化し認識しております。
休憩等が終わりますと、それぞれクラスに戻り明日の教材研究点検を担任は行います。 事務教諭兼務の先生と、預かり専業パート教諭が13時30分から17時まで預かり保育を行います。 天候の良い日には外遊び、思わしくない日は本の読み聞かせなどして、楽しく安全に気を配り 3時半は皆大好きなおやつの時間です。 以上が大まかな幼稚園の保育の流れです。
|課外教室|
課外教室は、書き方教室、朝日スポーツクラブの体操クラブ、英語教室、谷原教師のひばりサッカークラブ、谷原教師のArt kids club、カルチャールームでグランドピアノでの 教室等、課外教室が用意されています。
   
ページのTOPへ